水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ

 

このCMはご存知でしょうか?

 

 

オークション、楽しいですよねー!
ついつい、無駄遣いしてしまいます(>_<)

 

出演しているのは「水曜日のカンパネラ」というグループのボーカルのコムアイさんです。

 

水曜日のカンパネラ(wiki)

 

音楽のジャンル的にはhip-hop?なんですかね、かなり個性的な感じです。

 

水曜日のカンパネラの代表作の一つ“桃太郎”です。

 

うーむ、ハッキリ言って今ひとつ理解できませんが、耳に残るというか、何とも後に引く曲です。
こういうのを中毒性があるっていうんでしょうね。

 

で、ご存知の方も多いかと思いますが、コムアイさんのお父様は富士通フロンティアーズの輿亮さんなんだそうです。

 

輿亮さん

 

輿さんはNHK-BSのNFL中継の解説でお馴染みですよね。
知的で落ち着いた語り口がとても親しみやすい解説者だと思います。
たまにマニアックで、たまに冗談交じりで、とてもわかりやすく説明してくださる印象です。

 

更にこの方がすごいのは、中継の中でわからないことは「すいません、わかりません」と言っちゃうとこです。
そして、放送の中でわからなかったことや間違いがあったときはブログで訂正されるのがとても好感が持てます。

 

輿亮のおたく部屋

 

現役時代はRBとしてプレイをされていて東大から富士通に入社、フロンティアーズの創部に携わり、選手引退後は監督も務められました。

 

その富士通フロンティアーズは昨季創部30年でライスボウル初制覇、念願の日本一を獲得しています。

 

富士通フロンティアーズ

 

コムアイさんと水曜日のカンパネラというグループ、輿さんの娘さんならば、これからも注目していきたいと思います。

 

 

 

私を鬼ヶ島に連れてって 水曜日のカンパネラ

私を鬼ヶ島に連れてって 水曜日のカンパネラ
価格:2,500円(税込、送料別)

タッチダウン、レイダース!

Touchdown Raiders!

 

カルロス・サンタナ

ラテン・ロックの伝説的ギタリストであるカルロス・サンタナもまたレイダース・ファンで知られています。

 

カルロス・サンタナ(wiki)

 

サンタナといえば日本でもテレビCMに使用されるくらいです、ロック界の大物って感じですね。
代表曲“ブラック・マジック・ウーマン”や“哀愁のヨーロッパ”なんかはファンならずとも一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

サンタナ(wiki)

 

そんなサンタナは1985年にリリースしたアルバム『Beyond Appearances(ビヨンド・アピアランス)”』の最後に“Touchdown Raiders”という曲を収めています。

 

 

僅か3分あまりの小曲ですが、サンタナらしさを感じて私は好きです。

 

2003年1月の第37回スーパーボウルでは試合に先立ち、ビヨンセやミッシェル・ブランチらと演奏を披露しています。

 

カルロス・サンタナ
※試合の結果はレイダース・ファンにとっては悪夢のようなものでしたけど…

 

“Touchdown Raiders!”といえば、グレッグ・パパの実況ですよね!

 

 

今季は何度も何度も繰り返し聞きたいものです!

 

 

ビヨンド・アピアランス(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,689から
(2015/7/31 14:35時点)

スタジアムでよく聞く音楽 Part.1

今日も朝からたいへん良いお天気です。

 

ちょっと歩いただけで汗だくになりますね!

 

昨日までの三連休、プロ野球に高校野球、Jリーグ、ゴルフの全英オープンと世界各地でいろんなスポーツイベントがありました。

 

なかでも陸上短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム選手(城西大城西高)には驚きました。

 

サニブラウン・ハキーム

コンビアで開催された世界ユース選手権で100、200mで二冠を達成、特に200mではあのウサイン・ボルトが持つ大会記録を更新しての優勝です。

 

日本陸上界、期待の新星はなんとまだ16歳の高校生!
彼のこれからに注目です!

 

 

スタジアムでよく耳にする音楽について

 

と、三連休のスポーツイベントと言いましたが、私この三連休ともお仕事でした…
仕方なくテレビなどで中継を見てると、スタジアムの歓声が恋しくなりますね。

 

と、いうことで、今日はスタジアムでよく耳にする音楽をいくつかご紹介します。

 

 

☆Kernkraft 400 / Zombie Nation☆

 

アメリカでもヨーロッパでも、スタジアムで大人気の一曲。
ドイツのテクノバンド・ゾンビネイションが1999年にヒットさせた曲です。

 

 

このミュージックビデオの意味はよくわかりませんが、一度聞いたら耳から離れないメロディーですね!

 

 

アリーナでも…

 

 

スタジアムでも、よく歌われてます!
ちょっとバカっぽいところが、また良いです!

 

盛り上がります!

 

☆Seven Nation Army / The White Stripes☆

 

WhiteStripes

 

ホワイト・ストライプスは姉弟だけど姉弟じゃないメグとジャックのデュオ・グループ。

 

ジャック・ホワイトのギターがカッコ良すぎるこのロック・チューンも、よくスタジアムで聞きますね!

 

イタリアでサッカーのサポーターが替え歌で歌い始めたのがきっかけらしいですが、他の競技でもよくファンが合唱してますね。

 

 

“7ヶ国の連合軍でも、たった一人の俺を止めることは出来ないゼ!”って、もの凄く闘争心を煽られます!

 

☆Right Here Right Now / Fatboy Slim☆

 

ファットボーイ・スリムのこの曲も人気のサッカー・アンセムです。

 

Fatboy Slim

 

 

スピルバーグの隠れた名作「激突」を編集したミュージックビデオ、良いですね!

 

☆You’ll never walk Alone / Gerry & The Pacemakers☆

 

サッカー・アンセムと言えば、この曲を外す訳にはいきません!

 

60年代に活躍してイギリスのグループ、ジェリー&ザ・ペースメーカーズの名曲です。

 

 

2004-2005シーズンUEFAチャンピオンズリーグ決勝の劇的な逆転優勝と合わせて、とても感動的な映像です。

 

 

Kernkraft 400

新品価格
¥5,795から
(2015/7/22 01:40時点)

音楽