レイダース、今季最初のデプスチャート!

さてNFLはHOFゲームも終わり、いよいよプレシーズンマッチ目前となりました。

 

我らがレイダースも今季最初のデプスチャートを公表、いろいろとツッコミたくなるところです!

 

今季最初のデプスチャート

 

DE カリル・マック

 

この3ポイントでセットしているのはLB改め?DEのカリル・マックです!

 

で、反対側にセットするのはベテランのジャスティン・タック…これは問題ありません。

 

マックを活かすにはこの布陣、わかります。
敵も脅威に感じることでしょう…でも…

 

ルーキーのマリオ・エドワーズJr.は、やはりパスラッシャーとしてはまだまだなんでしょうかね…

 

またマックがDEということで、LBもこれはこれでややこしいことになってます。

 

ウィークサイドはケガのシオは仕方ないと思います、マルコム・スミスに期待です!
で、ストロングサイドはレイレイが1番手なんですか?大丈夫かなぁ…?

 

激しい定位置争いが繰り広げられているCBはひとまずDJヘイデンとTJキャリーが1番手、でも練習ではマギルの方が良さげとの話でしたので、ここは流動的なのかもしれません。

 

ということで、マックをコンバート?という奇策で勝負するデル・リオHCとノートンDC、D#は普通にやった方が良いんじゃないかと思いますけどね…何か良いお考えがあるんでしょう。

 

O#に関してはおおよそ予想通りかと。
WRは好調のクラブツリーがNo.1ですが、クーパーに変なプレッシャーをかけず、大事に育てていくという意味でもこれでいいと思います。

 

レイダースキャンプ2015

 

クラブツリーもエースとしてアピールする方が彼らしいんじゃないですかね!

 

レイダースキャンプ2015

 

あとは、チャート下位に甘んじている何人かの選手が気になります。

 

WRロッド・ストリーターやブライス・バトラー、ラン重視から2番手に下げられたTEのマイケル・リベラと出遅れているクライブ・ウォルフォードらは、ちょっと心配です。

 

ロッド・ストリーター

 

新体制になってコーチ陣が各選手たちの特長や実力を測っている段階で練習に参加できなかった数名は、のんびりとしてられません。

 

今からでも必死にアピールして生き残って貰いたい、そう思います!

 

デプスチャート 2015.08.10

 

オチョが復帰?

 

現在、引退状態にある元シンシナティ・ベンガルズのWRチャド・ジョンソン→オチョシンコさんですが、相変わらずTwitter芸人としてご活躍のようです。

 

 

お元気そうで、なによりです(笑)

 

ケガ人、続々…

 

カウボーイズのファンではないので詳しくは知りませんが、このRB陣はヤバいでしょう?

 

カウボーイズ、RBランドールがわき腹痛で練習回避(NFLJAPAN.com)

 

虚弱体質マクファッデンがサボってる間に張り切り過ぎたんでしょうか、彼がいなければもう他に誰もいないと思うんですけどね…これはもう緊急補強しかないかもしれませんね。

 

ダレン・マクファッデン
(ダラスってサラリーキャップに余裕あるんでしょうか?)

 

それから、昨日のHOFゲームでPITのKショーン・スイシャムが靭帯断裂の大けが、今季絶望だそうです。

 

スティーラーズに痛手、Kスイシャムがひざ負傷で今季絶望(NFLJAPAN.com)

 

HOFゲームでの負傷はファンもチームもガッカリでしょう…代役探しのワークアウトを実施するとのことですが、代わりが務まる良いキッカーがまだ残っていますでしょうか?

 

ジャニ公

 

ウチは16年目の大ベテラン、頼れる男セバスチャン・ジャニコウスキーが健在です!

 

 

(ニューエラ)New Era NFL オークランド・レイダーズ キャップ 帽子 (並行輸入品) (灰黒)

新品価格
¥4,980から
(2015/8/11 22:59時点)

“ナイジェリアの悪夢”

100年目の甲子園、盛り上がってます!

 

特に東京の2チームは話題の選手が活躍し注目されていますね!

 

西東京代表・早稲田実業高のスーパー1年生、清宮幸太郎選手は西東京大会決勝が奇跡的な逆転劇だったということで、いわゆる「持ってる」選手だなぁと思います。

 

清宮幸太郎

 

ご存知の通りお父様はラグビー元日本代表の清宮克幸さんです。
リトルリーグ時代から規格外のプレイで通算132本塁打を放ち、「和製ベーブルース」「リトルヘーブ」と呼ばれるようになりました。

 

スター性は抜群ですので、今後に期待ですね!

 

また、東東京代表にも“怪物”がいます!
関東第一高のオコエ瑠偉選手です!

 

オコエ瑠偉

 

本日の第2試合で富山県代表の高岡商高と対戦した関東第一高は、両チーム合わせて25安打の乱打戦を12-10で制し3回戦進出を決めました。

 

この試合、1番センターで先発出場のオコエ瑠偉選手は1イニングで2本の三塁打放つなど3安打4打点の大暴れ、観客の度肝を抜きました。

 

まだまだ高校生、余り騒ぎ過ぎるのもどうかと思いますが、将来楽しみな二人ですね!

 

ナイジェリアン・ナイトメア

 

さて、ナイジェリア人のお父様を持つオコエ瑠偉選手。
彼の名前を聞いて、あの男のことを思い出したオジサンも多いのではないでしょうか?

 

ラモス瑠偉

 

“Jリーグカレー”でおなじみ、ラモス瑠偉…

 

ちーがーうー

 

ちーーがーーうーッ!

 

ナイジェリアの悪夢

 

“ナイジェリアの悪夢(The Nigerian Nightmare)”こと元カンザスシティ・チーフスのRBクリスチャン・オコイエです。

巨体を活かしたパワフルな突進で、相手のタックルを跳ね返し、しがみつくディフェンダーを引きずりながらお構いなしで走る姿は、対戦相手からすれば恐怖の的…正に悪夢そのものでした。
(ナイジェリアン・ナイトメアっていうネーミングセンスは天才的ですね!)

 

わずか6年という短いキャリアでしたが、残したインパクトは絶大。
今でもその存在は伝説的に語られています。

 

ナイジェリアン・ナイトメア

 

ファミコンの傑作ゲームソフト「テクモ・スーパーボウル」ではタックルが効かないチート仕様の反則キャラでしたね…オジサンしか知らないと思いますけど。

 

テクモボウル

 

 

 

そんなオコイエ、実はアメリカンフットボールという競技は“乱暴で退屈”だと思っていたとのこと…いやいや、あなたの走りは乱暴を通り越してましたけどね!
(現役時代は練習が辛くて嫌だったらしいです…仕事だからガマンしてたんだそうな)

 

 

さて、プロのスカウトも注目の“怪物”オコエ瑠偉選手。
プロ野球界を震撼させる“悪夢”となれますでしょうか?

 

彼の今後に期待ですね!

 

 

ホール・オブ・フェイム・ゲーム 2015

毎日厳しい暑さが続きますが、先週に比べると陽射しは幾分和らいできた感じがします。

 

Back to Football…もう少しです。

 

先月のIFAFアメリカンフットボール世界選手権の会場にもなったオハイオ州カントンのフォーセットスタジアムでホール・オブ・フェイム・ゲームが行われました。

 

Back to football

 

今年の対戦はピッツバーグ・スティーラーズ対ミネソタ・バイキングスです。

 

ホール・オブ・フェイム・ゲーム

 

HOFゲーム、ビッグベンやAPら主力欠場 バイキングスが勝利(NFLJAPAN.com)

 

いよいよ、シーズンの到来を告げるHOFゲームです。

 

毎年思うんですけど、HOFゲームに出るチームはプレシーズンマッチを1試合多くやるから良いですよね?

 

で、これも毎年思うんですけど、通常のプレシーズンマッチ以上に本気出さないですよね?

 

っていうことで、レイダースが出ないHOFゲーム、スルーしようかとも思ったんですけど、まぁ両チームとも今季対戦する相手ですので軽く試合の印象を…

 

ベン・ロスリスバーガー

 

PITはQBベン・ロスリスバーガーを温存(ジャージすら着ていなかった…)、対するMINはRBエリドリアン・ピーターソンが欠場です。
特にピーターソンは昨季ほとんど試合に出ていないので久しぶりにそのプレイを見たかったファンも多いんじゃないかと思います。

 

エリドリアン・ピーターソン

 

MINのQBは2年目のテディ・ブリッジウォーターでした。
この試合のブリッジウォーターは良かったのか悪かったのか、1シリーズだけではよくわかりませんでした。
スタッツはパス6回中5回成功、44ヤード、TDとINTなしとまずまずのように見えますが、最後のWRマイク・ウォレスへのパスはいただけません。
あそこであんなコントロールミスをしてるようではダメですよね。

 

テディ・ブリッジウォーター

 

PITはD#のトロイ・ポラマルやアイク・テイラーら主力選手が引退、更に長年ディフェンスコーディネーターを務めたディック・ルボーDCもチームを去り世代交代の過渡期ですが、伝統の堅守・スティールカーテンの精神は受け継いでいるようです。
この試合だけでは判断しかねますが、守備重視のチーム作りに変わりはないと思います。

 

ランドリー・ジョーンズ

 

PITの先発QBは3年目のランドリー・ジョーンズ。
ちょっと厳しい内容でしたね。
ロスリスバーガーの控えには、かつてレイダースにもいたブルース・グラドコウスキーやルーキーのタジャ・ボイドがいます。
今日の出来ではロスターに残ることも難しいんじゃないでしょうか。

 

個人的には久しぶりにグラコが投げてるところを見たかったんですけどね。

 

グラドコウスキー

 

あと、MINはRBマット・アシアタがアピールしていました。
MINのRB陣にはピーターソン、アシアタ、更に昨季ルーキーながら活躍したジェリック・マッキノンもいます。
ラン攻撃はかなり強力なものとなるでしょう。

 

ここにTEカイル・ルドルフ、WRマイク・ウォレスとO#の面子は揃って来てます。

 

NFC北地区は厳しいと思いますが、ブリッジウォーター次第では面白い存在になるかもしれませんね。

 

 

Madden NFL 16 Deluxe Edition

新品価格
¥16,899から
(2015/8/11 03:37時点)