ラン!ラン!!ラン!!!

ラン!ラン!ラン!!

 

レイダース

 

私がアメリカンフットボールという競技を好んで見るようになったきっかけはレイダースのあるRBでした。
それ以来、ロゴやユニフォームがカッコいいこともあって、ずっとレイダースがお気に入りです。

 

だから、レイダースのランO#がリーグ最下位だなんて、ホントは許せないのです。

 

昨季のレイダースのラン攻撃は見ていてイライラ、イライラしました。
(1試合平均77.5Yds、これはリーグ最下位です)

 

・ダレン・マクファデン→155回 534Yds Avg3.4Yds

 

・モーリス・ジョーンズ=ドリュー→43回 96Yds Avg2.4Yds

 

期待していた2人が2人ともこの数字でしたからね…

 

マクファデンジョーンズ=ドリュー

 

チーム唯一のプロボウラーFBマーセル・リースに至っては僅か21回のキャリー(85Yds)しかありませんでした(Avg4.0Ydsとリースに持たせれば確実に前へ進めたのに、昨季はなぜかリースを効果的に起用できませんでした)。

 

マーセル・リース

 

ご承知の通り、ラン攻撃というものはRBだけの責任ではありません、OLのブロックが不可欠です。
昨季のレイダースOLは脆弱で、スクリメージは常に相手DLにコントロールされRBの走路を切り開けませんでした。
ランがコールされても、スクリメージに穴は開かず、DMCもMJDも相手DLが密集しているところに闇雲に突っ込んでは立ち往生、なす術なく潰されていました。

 

これでは、いくらDMCでもMJDでも厳しいだろう…と思っていたら、昨季後半になって起用されたラタビアス・マレーはラン1回平均5.2Ydsという走りを見せてくれました。

 

あれ?これ、もしかしてDMC&MJDがダメなんじゃね???

 

Lマレーは、仮に走るコースが無くても上手く切り返して自ら走れる穴を見つけて抜け出すことが出来ました。
身体も大きく止められても前に倒れることで2〜3Yds程余計に稼いでいました。

 

 

今季、レイダースは遂にDMCを諦め(MJDは引退)、新たにLマレーをエースRBとしてラン攻撃の改善を図ります。

 

また、FAでトレント・リチャードソンとロイ・ヘルJr.を獲得。

 

ドラフト外のマイケル・ダイアーも含め、このキャンプでは激しい競争が繰り広げられています。

 

※Tリッチは、春の段階では身体を絞りキレを取り戻しつつあるとのことでしたが、キャンプでは練習に参加出来ていません。

 

 

ダイアーについては、このキャンプで非常に良い動きをしているとの情報があります。
Tリッチと同じような豆タンクタイプのRBで、いかにもパワフルな感じがする選手です。

 

Michael Dyer

 

しかも、スクリメージの穴を探し出す技術?抜け出す技術?が素晴らしい。
一気の加速で突き抜けるような走りは、レイダース向きかもしれません。

 

 

これはLマレー&ダイアーのコンビで決まりかもしれません。
さぁ、現在出遅れているTリッチの心中やいかに?

 

ロイ・ヘルJr.

 

さて、ワシントン・レッドスキンズから新加入のロイ・ヘルJr.も、個人的にはすごく気になります。

 

ロイ・ヘル

 

この選手、地味に良い選手です。

 

過去4年間でラン1回平均4Yds以上、昨季は5.4Ydsです。
しかもレシーブも得意ときました、3rdダウン要員としてはかなり計算出来るでしょう。

 

 

しかも、地元の出身。QBカーにとっても頼れる武器となると思います。

 

忘れてはいけないヤツ

 

そういえば、タイワン・ジョーンズも今季からRBとして再び起用されることになりました。

 

Taiwan Jones

 

元々はスピードを武器としたRBでしたが、ボール・セキュリティに難がありなかなか出番がなかったところ、人材が乏しかったCBへコンバートされていました。

 

またガンナーとしてスペシャルチームで起用されると、その持ち前の速さを武器に素晴らしいカバーを見せていました。

 

昨季はケガのため出番がありませんでしたが、ポテンシャルのある選手です、レイダース・ファンなら絶対に忘れてはいけない存在です。

 

 

 

Raiders

レイダース・キャンプ 2015.08.02

サッカーは東アジア選手権が開幕しました。

 

ハリル・ホジッチ

 

日本代表は男女ともにフレッシュな顔ぶれとなっています、この中からアピールして代表に定着出来る選手が出てきますでしょうか?

 

楽しみに見守りましょう!

 

それにしても、アウェイっぷりがハンパないですねぇ…って、“アウェイだから負けた”は何の言い訳にもなりません。

 

東アジア選手権 北朝鮮戦

 

 

レイダース・キャンプ 2015 08.02

 

さて、NFLもトレーニングキャンプに入りオフとは比べ物にならないぐらいたくさんのニュースが流れて来ます。

 

もう、たくさんあり過ぎてブログ更新がまったく追いつかない訳ですが、我らがレイダースに関するニュースはなるべく見逃さないようにしたいと思います。

 

レイダース キャンプ 2015

 

まず印象としてジャック・デル・リオ新HCをはじめ、それぞれのコーチングスタッフがかなり精力的に指導しているようです。

 

レイダースキャンプ2015

 

新加入の選手、新人も含めて、デル・リオ新体制のレイダースは文字通り新しく生まれ変わりつつあります。

 

レイダースキャンプ2015

 

WRマイケル・クラブツリーやRGのボジションを争っているジャマーカス・ウェッブは、いずれも今季新たに加わった戦力ですが、非常に良い動きをしているようです。
彼らはただデプスを厚くするために加入したのではなく、先発の座を奪いに来たという意気込みで積極的に取り組んでいます。
特にウェッブが戦力として計算出来るのならばオフェンスにとって大きな収穫に違いありません。
RGを巡る競争は今後も注意深く見守る必要がありそうです。

 

レイダースキャンプ2015

 

それから、このチームの中心となるべき選手達も調子が良さそうです。
カリル・マックはOLBだけでなくDEの位置にも入り、よりフレキシブルなプレイを見せているとのこと。
いろんなところからマック!これ相手にとってはめちゃくちゃ嫌でしょうね!面白いと思います。

 

レイダースキャンプ2015

 

またQBデレク・カーと期待のルーキーWRアマリ・クーパーとの相性は予想以上に良さそうです。
クーパーへの期待は日に日に高まっています、早く実戦で見てみたい!
また、カーについては心配された指の具合もまったく問題無いようで、キャンプに入ってからはバンバン投げています。
もともとリーダーシップのある選手でしたが、エースの自覚でしょうか、このキャンプでは率先して指示を出している姿が目撃されています。

 

レイダースキャンプ2015

 

今週からはいよいよパッドを着けてのトレーニングに入ります。
実戦さながらの練習となりますので、ここでの評価がもっとも信用おけるものと考えていいと思います。
彼ら3人の出来いかんで、このチームの順位は大きく変動するでしょう、ケガの無いようしっかり調整して欲しいものです。

 

ケガ人の情報

 

レイダースキャンプ2015

 

さて、ケガと言えば心配されていたLBシオ・ムーアですが、早くも練習に復帰する見通しとのことです。
とりあえずは良かったと思う反面で、股関節の故障は長引くことがありますので慎重に様子を見て欲しいとも思います。

 

サッカー元日本代表の中田英寿が、セリエAペルージャでは活躍したものの、その後移籍したローマやパルマなどでは苦労した原因の一つに股関節の故障がありました。

 

また伝説のスーパーアスリート、ボー・ジャクソンが引退するきっかけとなったのも股関節のケガでした。

 

どちらも、それまでに大きなケガをしたことが無かった丈夫な選手でしたが、それでも股関節の故障には泣かされました。
たぶんですが、治療が難しく鍛えにくい部位なんだと思います。

 

Sムーアも、7ヶ月も前の故障を引きずってしまった訳です、いくつかの検査をパスしての復帰だとは思いますが、本当に完治してるのか?
焦らずじっくり調整して欲しいと思います。

 

またケガからの復帰を目指すWRロッド・ストリーターと、こちらも新天地での復活を期すRBトレント・リチャードソンの2人がNFIリスト(フットボール外のケガ)に入っているとのことです。

 

ただし、これはケガではなく、sick=病気らしいので体調不良(夏カゼか?)と思われます。
長引くものではないようなので安心しました。

 

またDTステイシー・マギーとWR/KRトリンドン・ホリデーがPUPリストに入ってます。

 

ルーキーのGジョン・フェリシアーノと私のお気に入りTEクライブ・ウォルフォード、更にWRブライス・バトラーが練習に参加していないようです。

 

特にウォルフォードは個人的にとても期待していますので心配です。

 

 

 

NEW ERA(ニューエラ)バケットハット(オークランド レイダース BLACK)size M/L

新品価格
¥4,536から
(2015/8/3 03:09時点)

Raiders

Once A Raider

WR ジェイムス・ジョーンズはNYGへ

 

元レイダースで今季の所属先決まっていなかったWRジェイムス・ジョーンズがニューヨーク・ジャイアンツへ移籍することが明らかになりました。

 

ジェイムス・ジョーンズ

WRジョーンズの新天地はジャイアンツ、1年契約で合意へ(NFLJAPAN.com)

 

 

昨季は新人QBデレク・カーのメインターゲットとして活躍、レシーブ73回、666ヤード、6タッチダウンをあげています。

 

今季31歳となるベテランの新天地はイーライ・マニング率いるジャイアンツ。

 

ジャイアンツのWRには昨季の新人王オデル・ベッカムJr.やケガからの復活を期すエースのビクター・クルーズらがいます。

 

キャンプからアピールして開幕ロスターに残れるように頑張って欲しいですね。

 

 

ガラスのエース…

 

ダレン・マクファデン

 

私のかつてのアイドル、ダラス・カウボーイズのRBダレン・マクファデンがキャンプを前にPUPリスト入りだそうです。

 

Cowboys RB Darren McFadden to start training camp on PUP because of hamstring injury (cowboysblog.dallasnews.com) ※英語です

 

“まぁ…だろうね…(>_<)”

 

って感じです。

 

DMCってさ、プロ入って健康だったことあるのかしら…?

 

カウボーイズ・ファンのみなさん、彼は才能あるんです…でも、期待してはいけません(>_<)