ショック!?ジョナサン・ダウリング放出!

さて、ケガ人続出のアリゾナ・カーディナルスに対して、我らがレイダースは元気いっぱいです!

 

主な故障者はWRアンドレ・ホームズとドラフト7巡ルーキーのWRアンドレ・デボーズくらいです。

 

心配されていたLBシオ・ムーアとRBロイ・ヘルーも練習に復帰しています。
プレシーズンの残り2試合に出られるかどうかは不明ですが、シオ・ムーアについてはあまり無理をさせないで欲しいと思います。

 

新加入のロイ・ヘルーも焦ることはありませんが、それでも早く試合で見てみたいので、出場したら要チェックですね!

 

ロイ・ヘルー

 

成熟度の問題?品格の問題?

 

今週、デトロイト・ライオンズを解雇されたSテイラー・メイズと契約しました。

 

レイダース、ライオンズ解雇のDBメイズと契約(NFLJAPAN.com)

 

メイズのことはあまり知りませんでしたが、NFL6年目の27歳。
2010年のドラフト2巡(全体49位)でサンフランシスコ・49ersに入団するも、翌年からはシンシナティ・ベンガルズでプレイしています。

 

ベンガルズを退団した今オフはミネソタ・バイキングス→デトロイト・ライオンズと契約しましたが、いずれも短期間で解雇されていました。

 

DCのケン・ノートンJr.のUSC大でコーチしていたときの教え子とのことです。

 

テイラー・メイズ

 

で、週末になってSジョナサン・ダウリングを解雇しています。

 

“maturity issues”(成熟度の問題)って、よくわからない理由での放出、ダウリング本人も大変ショックを受けていたそうです。

 

とはいえ、ダウリングはお行儀の良いタイプではありません。意味合いとしてはcharacter issue=品格の問題という感じなのでしょうか?

 

ジョナサン・ダウリング

 

ダウリングは昨年のドラフト7巡でレイダース入団、昨シーズン後半に出場機会を得ると、今季のプレシーズン2試合でも猛アピール、先週の試合ではインターセプトも奪っていました。

 

 

成長著しい若手でしたが…残念ながらカットです。

 

 

コメントを残す