プレシーズンweek2 OAK@MIN 感想

Just Win Baby!

 

プレシーズンweek2 OAK@MIN 感想

 

プレシーズンの第2戦は敵地に乗り込んでのミネソタ・バイキングスとの対戦でした。

 

プレシーズンweek2 OAK@MIN 感想

 

結果は12-20で敗戦です。

 

まぁ、プレシーズンマッチですから勝敗よりも内容を見なきゃいけないんでしょう…でも、勝てない相手だとは思いませんでしたけどね。

 

私の個人的な意見ですけど、今季のレイダースは例えプレシーズンマッチであっても勝ち負けにこだわるべきだと思います。

 

レイダースは過去十数年にわたってプレイオフはおろか勝ち越すことさえ出来ていないチームです。

 

昨季にいたっては開幕10連敗、最終的に僅か3勝ですからね、勝ちに慣れていないというか、負け癖がついてるというか、もっと勝負に対する執着心を育てる必要があると思うのです。

 

せっかく若くて才能ある選手達が入り、戦力が整ってきた今季は、デルリオ新体制の下で戦う集団に生まれ変わる好機なのです。

 

今日のような試合をひっくり返してやろうとか、例え敵地であっても相手をもっと苦しめてやろう、追い詰めてやろうとするべきではないでしょうか?

 

レイダースのモットーって何でしたっけ?

 

プレシーズンweek2 OAK@MIN 感想

 

“Just Win Baby” でしょうが!?

 

勝たなきゃならんのです!

 

プレシーズンweek2 OAK@MIN 感想

 

 

さて、試合を振り返りましょう。

 

まず最初のバイキングスの攻撃はパントに終わりますが、このパント処理がマズく自陣2ヤードからの攻撃、その上最初のスナップでフォルススタートの反則、自陣1ヤードまで下げられます。

 

これではQBデレク・カーも立ち上がりから苦しくなります。
結局、何も出来ぬまま3&out、パントで攻守交替です。

 

バイキングスの先発はQBブリッジウォーター。
最初の攻撃シリーズでは、ややパスの精度を欠きましたが、それでもこの選手は落ち着いていますね。

 

またしてもエースRBのエイドリアン・ピーターソンが欠場で効果的なランを出せずにいましたが、それでも冷静に攻撃を牽引しFG圏内まで前進します。

 

ここでのFGは外れてしまいますが、ブリッジウォーターは侮れないと思いましたね。

 

それにしてもバイキングスのキッカーは…だいじょうぶなの?この試合外しまくっていましたね。
(FGは3回蹴って全てミス、エクストラポイントも1回外してました)

 

レイダース2度目のオフェンスはRBラタビアス・マレーのランで着実に前進、FBマーセル・リースへのパスを挟み敵陣へ侵入します。

 

すると、ここでカーと期待のルーキーWRアマリ・クーパーが魅せてくれました!

 

 

40ヤードのパスがヒットで一気にレッドゾーンへ!いやぁ、お見事!

 

プレシーズンweek2

 

このコンビ、実にいいですね〜♪

 

その後、WRセス・ロバーツのリバースプレイでゴール前2ヤードまで前進。

 

 

最後はマレーが突っ込みタッチダウン!

 

今日もマレーのランは確実に出てました、文句のつけようがありません。

 

レイダースのディフェンスについてはDLとLBがよく頑張ってランは確実に止めます。
ピーターソンがいなかったとはいえ、ランディフェンスに関してはかなり良くなっていると思います。

 

しかし、パスカバーは問題です。
特にCBのDJ.ヘイデンはちょっと厳しかった。
もう少しタイトにカバーしていかないといけませんよ。
バイキングスの最初のタッチダウンはDJがもっとしっかり付いてないとダメだったと思います。

 

セカンダリーはちょっと深刻な課題を抱えてのシーズンとなりそうで、かなり不安を覚えますね。

 

今日のカーは、私の目には悪くなかったと見えました。
第2Qに入ってすぐの、WRセス・ロバーツへの右サイドライン際へのパスは確かに厳しいパスではありましたが、おそらくロバーツの足の速さを計算に入れてのパスでしょう。
あれは捕ってくれよーって感じだったと思います。
ギリギリのところではありましたが、ロバーツも手には触れていましたからね、捕らなきゃダメでしょう。

 

それにしてもセス・ロバーツの動きは思っていたより全然良いと思いました。
ブライス・バトラーも調子良さそうですから、WRのロスター争いはまだまだ今後も続くことになりそうです。

 

ストリーターは、まだ本調子じゃないのかな…だいしょうぶなのかなぁ?

 

バイキングスはブリッジウォーターを下げてベテランQBショーン・ヒルが出てきましたが…

 

image

 

画像ここで雷雨のため1時間強にわたって試合中断です。

 

再開後のプレイで誰もいないところへパスを投げSジョナサン・ダウリングがインターセプト!

 

レイダース2番手で登場のQBクリスチャン・ポンダーには一際大きなブーイングが飛びました。

 

プレシーズンweek2

 

古巣との対戦、ポンダーにも期するところがあったと思いますが、それを抑えて冷静にプレイ出来ていたのではないでしょうか。

 

先ほどは落球してしまったロバーツのラン・アフター・キャッチで39ヤードのゲインを得るとFGをお膳立て。

 

しかし、ヒルも派手さはないものの確実にドライブを進めTEチェイス・フォードへのタッチダウンパスをヒット、バイキングス逆転です。

 

長い中断があったためハーフタイム無しで後半開始。

 

RBトレント・リチャードソンのランはなかなか前へ進みません。
先週はそこそこ前進出来ていましたが、今日は全くキレがありません。

 

それに対してRBマイケル・ダイアーとタイワン・ジョーンズは良かったと思います。

 

特にダイアーは相手のLBに青天喰らわせてましたからね!

 

また、先週もいい働きを見せていた新人LBのベン・ヘーニーは今日もアグレッシブ!

 

プレシーズンweek2

 

この人のプレイは見てて気持ちが良いんです、タックル行くときに全く躊躇が無い!

 

 

バイキングス3番手のルーキーQBテイラー・ハイニッケに強烈なサックをお見舞いです!

 

これでファンブルを誘発、ターンオーバーを得ます。

 

ポンダーはここもFGに結びつけ、お役ご免。
古巣との対戦は2度のターンオーバーをいずれもFGという、最低限の役目は果たせたという感じでした。

 

さて、レイダース3番手は個人的に注目のQBマット・マグロイン…でしたが、いきなりのインターセプト!?

 

バイキングスはこれで得た攻撃権で確実にタッチダウンを奪いリードを広げます。

 

その後のレイダースのオフェンスはRBマイケル・ダイアーやRBジョージ・アトキンソンらが奮闘するも度重なる反則でリズムを崩し無得点で試合終了…残念ながら敗れてしまいました。

 

敗因はいろいろあると思いますが、今日のレイダースは先週とはえらい違いで集中力を欠いていました。
天候のせいもあると思いますが、それは相手も同じこと、言い訳には出来ません。

 

更に反則が多過ぎました。
先週僅か2回だったペナルティが今日は13回で106ヤードも罰退ですからね、これでは厳しいですね!

 

但し、1stチームはさほど悪い感じではありませんでしたので、この試合で露呈した課題をクリアにしていくことが大事だと思いました。

 

imageimage

 

悲観するほどのことはありませんが、レギュラーシーズンでの対戦でリベンジするためには更なる改善が不可欠です。

 

 

NLF カラー写真名鑑 2015 (B・Bムック)

新品価格
¥1,650から
(2015/8/24 05:42時点)

コメントを残す