アメフト世界選手権2015・決勝 対アメリカ戦

今朝、アメフト世界選手権の決勝が行われ我らが日本代表は銀メダルという結果に終わりました。

 

アメリカンフットボール日本代表公式サイト

 

優勝したアメリカは強かったです。

 

この大会の三連覇を目指す王者アメリカは、アメフト母国のプライドを賭けて前半からエンジン全開の超本気モードでした。

 

アメフト世界選手権2015

 

日本は最初の攻撃でいきなりPick6を奪われると前半だけで5TDを献上、何とか攻守で2TDを返しますが、終わってみれば8つものタッチダウンを奪われ12対59と完敗を喫しました。

 

詳しいスタッツはコチラ

 

結果は大変厳しいものとなってしまいましたが、この大会収穫がなかった訳ではありません。

 

何と言っても銀メダルという成果は立派です。

 

私が思うに、今大会の日本は個々の力では劣っていたとしても、チームとしてのまとまりや完成度は参加国中トップクラスだったのではないでしょうか?

 

確かにフィジカルでは敵わない面も多々見られましたし、その差を埋めなければアメリカには勝てないと思います。

 

しかし、日本が通用した部分も少なからずあったと思うのです。

 

大会を通して好調だったDB陣はアメリカ相手でもその実力を発揮しました。
WR栗原選手などは可能性を感じさせるに十分な活躍を見せてくれました。
オールトーナメントには1stチームに3人、2ndチームに7人選ばれています。

 

アメフト世界選手権2015

 

それでも、このままではアメリカとの差は広がるばかりです。

 

先ほどチームの完成度と書きましたが、では果たして代表チームとしての合同練習などの準備は十分だったでしょうか?
協会のサポートは足りていたのでしょうか?
経済的な面も含めて、もっと出来ることやるべきことはなかったでしょうか?

 

さらに、この大会で日本が快勝したメキシコや成長著しいフランスなどは4年後どんなチームを作ってくるか、きっと油断ならない相手となるでしょう。

 

そう考えると日本は代表強化策を抜本的に見直す時期が来たと私は思うのです。

 

例えば、代表専任のコーチングスタッフが中長期的にチームを作っていく体制を作り、定期的に代表チームとしての活動をしてはどうでしょうか。

 

対外試合も、もっともっとやるべきでしょう。

 

選手の育成も計画的かつ継続的に行なっていかねばなりません。

 

選手もファンも、銀メダルに満足している人はいないでしょう。

 

4年後、念願の世界一の座に返り咲くためにもこの大会の結果を無駄にしてはいけません。

 

 

 

Heart & Soul 脇坂康生

今大会の日本には世界に誇る“レジェンド”がいた。

 

#43 DL 脇坂康生。

 

1969年生まれの46歳にして現役の日本代表だ。

 

更に開催された5回の世界選手権全てに連続出場したのは世界でただ一人、DLという体力的に消耗の激しいポジションでありながら驚くべき快挙である。

 

日本大学出身で西の強豪パナソニック・インパルスに所属、183cm114kgという体格とずば抜けた洞察力を武器に長きにわたって代表のまとめ役を担ってきた鉄人だ。

 

普段はパナソニックの人事部長という要職を務める。

 

彼にとって銀メダルという結果は決して満足いくものではなかっただろう。

 

試合後、フィールドを見つめるその姿は誰よりも悔しそうだった。

 

脇坂康生選手

 

しかし、彼が目指したものと闘争心、その心は必ず次の世代の選手に受け継がれていくに違いない。

 

 

脇坂康生、彼こそが日本の“Heart & Soul”だった。

 

コメントを残す